給与計算は国が税金を徴収する仕組みの根幹業務

当たり前ですが、企業の給与計算業務は、国の
社会保険料、所得税や住民税の徴収漏れをなく
すための、国の下部組織(業務)みたいなもの
です。

本来なら、月給30万円の人は30万円振り込
めばOKのはず。会社の給与ですかならね。

しかし、後で税務署や年金事務所から徴収する
と「払わない人が激増」するので、給与計算の
時に会社に徴収(天引き)を義務付けて、国は
会社から回収する仕組みを構築したのです。

その根幹業務が給与計算業務です。

その業務は色々なプロフェッショナルな知識が
無いとできません。

社会保険料、所得税、住民税、雇用保険料等々、
これらの税金類は所管(官庁)が異なるので、
統一感が全くないのです。だから、素人がやると
間違いだらけで給与計算業務が成立しなくなる
わけです。

ということで、外注するならそれなりの信頼度
がある企業に委託しないとダメです。
社内で内製化する場合は、それなりのスキルの
あるセミプロ以上の人を雇用しないとダメです。
そうなると、給与は最低でも30万以上は必要
です。そうなると、アウトソーシングした方が
得策となるわけです。

2020-10-21  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase