給与計算の内製化の難しさ

給与計算の内製化はとても難しいと思います。
経営者の関心事ではないので、当然、担当者
任せとなります。担当者でセミプロレベルの
人になると、賃金が高くなります。また、ど
れだけプロでも一人では必ず「ミス」を起こ
します。そうなると、上長が確認する運用に
変更するのですが、その上長が無知なため、
チェックにならないわけです。そうこうして
いるうちに、担当者は寿退社等の理由で辞め
ていきます。(男性なら残るかもしれません
が、なぜか給与計算や経理担当者は女性が多
い)

給与計算は人の給料を計算するとても重い
仕事なんです。これを担当者一人に任せきる
ことに問題があります。中堅どころになると
2人体制が取れますが、中小企業の場合、そ
れだけ人員確保ができないため、結論として
外部業者へ「アウトソース」した方が得策と
思います。

心底、そう思います。

2021-01-13  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase