給与計算は本当に神経を使う業務です

給与計算は、もし御社の担当者が行っていた
としたら労いの言葉の一つでもかけてあげて
ください。

それくらいプレッシャーがかかる業務なんです。

何度もブログで書いていますが、
・間違うと怒られる(経営者と社員から)
・経営者の給与も見えてしまう
・褒められることはほぼ無い
・給料も営業職や技術職とくらべて低い
(経営者が管理部門畑でない限り、理解されない)

だから、担当者を利益を生む部門に再配置し、
給与計算や入社退社の手続き、経理記帳などは
外部の信頼できる業者へアウトソースした方が、
担当者も経営者もWIN-WINな関係になると
私は思います。

2020-08-27  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase