給与計算は1年に12回

当たり前です。
何を言いたいか。
心臓が血液を送り続けるように、企業にとって
給与計算は従業員に血液を送り続けで作業と
同じで、止めることができない。

止めると、従業員は辞めてしまいます。

そんな大事な仕事を、内製化しますか?
自分の親族や嫁さんならやらせても裏切らない
可能性が高いですが、それ以外の人は、気に
入らなければ「ぷい!」っと退職します。

昭和や平成の時代なら交代要員がすぐ見つか
りましたが、令和になると人手不足と人口減少、
若者不在で、中小企業の経営は「人の問題」で
にっちもさっちもいかなくなってくるはずなん
です。

それなら外部の専門家にちょっとコストが
かかってもアウトソーシングするのも一手だと
私は思います。

なんといっても、

給与計算業務は1年に12回休みなくやってきます。
これに対処するには恒常的に安定したサービスを
提供できる人(業者)に委託すべきでは・・・

2020-02-14 東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase