給与計算の落とし穴

落とし穴はいっぱいありますかね。
社会保険料の翌月徴収や同月得喪の徴収や
随時改定(月変)や育休明け、定年後の
継続雇用の特別な月変など、とてもややこしい
ものなんです。

税理士事務所系列が給与計算を行うと、
社会保険の仕組みに精通していない場合、
ほぼほぼミスをします。間違った給与計算を
行っているわけです。

これが社労士事務所系の請負業者が給与計算
を行った方が間違いが少なくて済みます。

それが依頼側(発注企業)が、税理士事務所系か
社労士事務所系かで迷った場合、私は自信を持って
社労士事務所系へ依頼すべきと断言できます。

2020-02-03 東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase