給与計算担当者には総合的な知識が必要

中小企業の経営者で、給与計算を経営者や奥
さんが片手間で行っているケースが散見され
ます。経理記帳はまだ奥さん等で行っても、
最終決算時期に税理士が調整してくれるので
良いですが、給与計算は正しく処理しないと
源泉所得税や住民税等に影響を与え、また社
会保険料も誤差が出てきたりして、とても大
変なことになります。それくらい専門性が求
められる仕事です。総合的な知識と書きまし
たが、社会保険(健康保険と厚生年金)、雇
用保険の仕組み、源泉所得税や年末調整の仕
組み、住民税の仕組み、非課税の仕組みなど、
たくさんの知識が総合的に絡み合っているの
で、とても間違いが起こりやすいです。だか
ら、給与計算を内製化する場合は、それ相応
のレベルの人を雇用する必要があります。そ
れが無理ならアウトソーシングがベターだと
私は個人的に思います。

2020-12-09  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase