経営者は給与計算をどうしたいのか?

明確な組織戦略ポリシーが無く、なんとなく
「担当者が嫌だ!やりたくない」とか
「担当者が退職するので」って話で、
給与計算を外注する経営者が多いです。

アウトソースはとてもリスクがあります。
相性が悪いとか、安かろう悪かろうだったとか、

それでも、会社の効率的経営や生産性向上経営
を達成するためには、アウトソーシングは避けて
通れない選択肢の一つとなります。

給与計算だけでなく、管理部門の業務をすべて
見直す気概が必要です。

経理業務をどうするのか?
振込業務をどうするのか?
請求書作成業務をどうするのか?
備品等の発注作業をどうするのか?

など、私のお勧めは「ZEROベース」ですべて
考えることです。

担当者が社内に0人として、上記のような
バックオフィス業務をどうすれば無人化できる
かをゼロから考えることがスタートです。

きっと、色々な良いアイデアが出て来ると
思います。

紙廃止+クラウド化+RPAの3つのキーワード
を社長が必死で学び、取り入れたら、バック
オフィスの無人化計画が実現できると思います。

2020-09-18  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase