給与計算は答えが同じはずになる?

そうです。
給与計算って、だれがやっても同じ結果になる
はずなのですが、「そうならない」ことが多い。

その理由は、
はたらく制度(フレックスだったり、変形労働だったり)
が会社によって異なり、その労働基準法の働く制度
を理解していない人が給与計算を行うと、精算方法
が間違った方法で処理されて、結果、給与計算が間違う
ってことが多いです。

給与計算は税理業務か、社労士業務か、で争って、
税理士業務だとなったらしいが、税理士さんは労働
基準法の仕組みを知らないため、給与計算を良く間違
うわけです。

だから、給与計算は社労士事務所の方が適任だと私
個人的には思います。所得税と住民税は、ほぼほぼ
ソフトが計算してくれますが、社会保険料とか、
出勤簿の残業時間の精算等の処理は「労働法」を知ら
ないととても難しい場合があります。

労働法って、意外に例外が多く面倒なんです。

2020-08-31  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase