給与計算を簡単に行う方法

当たり前ですが「計算ルールを明確にすること」
ですかね。本来就業規則に端数処理や欠勤控除、
遅刻早退控除の方法を記載しているのですが、
経営者って就業規則通りに運用しないのが
ほとんど。

就業規則のルール通りに計算した結果、
あとで、経営者の鉛筆なめなめで給与が決定
されることがしばしば発生します。

その場合、弊社では、
企業ことに「個社別ルール」を整理して、担当者
全員で共有しています。

面倒だけれど、それくらいしないとお客様からの
信頼を勝ち取ることは難しいと感じます。
特に中小企業は「クセ」がひどい、というか、
多いので、受託企業がとても少ないのだと思い
ます。

弊社は50人以下の中小企業に特化した給与計算
受託会社ですので、どんどんお見積りください。

2020-08-13  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase