給与計算って、1年に12回やればよい

給与計算の業務請負はとても神経を使う仕事で
大変です。中小企業の担当者が定着しないのも
頷けます。やりたがらない仕事ですからね。
それと、「期限」のプレッシャーとミスできない
という「品質」のプレッシャーで押す潰されそう
になるのだと思います。

だから、中小企業の給与計算は、安心できる業者
へアウトソースした方が良いかと個人的には思い
ます。

給与計算って、月1回です。12回やれば1年が
過ぎます。早いですよね。賞与が2回あるとして、
多くて年14回を計算するだけの話です。

しかし、先に述べたように、メンタル的なプレッ
シャーがとても大きいです。
決まった時期に、病気もできない、旅行もできない、
担当者はとてもつらいはずです。しかも、経営者の
評価が管理部門の仕事に対して低いので、薄給と
くれば、そりゃ!辞めますよ。

社長さん、1から御社の管理部門の業務体制を整備
されてみてはいかがでしょうか?
業務フローの改革のご相談、無償で御受けしますよ。
まずはお問合せを!

2020-08-12  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase