給与計算は事業が継続する限り続く

給与計算は心臓の鼓動のように一定期間周期を
もってやってくる。月一回という。このサイク
ルは、1社であればそれほどでもないですが、
弊社のように数十社近く受託していると、もう
「戦争状態」が続きます。そう!毎月給与計算
から逃げられないのです。

賃金締めのピークは
「月末締め→翌月10日OR15日支給」
「15日締め→25日OR月末支給」
「20日締め→月末支給」

ネットバンキングで給振の契約をされている場合
振込日の3営業日前までに仕上げないといけなく
なり、さらにスケジュールがタイトとなります。

これほど神経をすり減らして給与計算を代行する
業者はそう多くないわけです。
しかも、間違えたら「叱られる」だけですからね。
毎月、きちんと給与計算を行って
「今月もありがとうございました」って言われる
ことはありません。理由は「100%出来て当た
り前」の世界だからです。

だから競合他社は少なくなります。
だれも叱られてまでやりたくないですよね。

しかし、弊社は中小企業の管理部門を丸っと
アウトソーシングすることが目標なので、
給与計算をガンガン受託していきますよ。

2020-07-20  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase