弊社は企業の役に立っているのだろうか?

たまに思うことがあります。
「弊社は企業の役に立っているのだろうか?」

私のスタンスとして、
頼られればとことん支援するという考え方です。
クライアントには、結構頻繁にコンタクトを
取ってくる会社と、ほとんどとってこない会社が
あります。

どちらに対して、リソースをたくさん割くか?

それは「コンタクトを頻繁に取ってくる会社」
ですよね。

それでは不公平だと思いつつ、
私の性格上、コンタクトを取ってこない会社まで
電話したり、メールしたり、こちらからはやりません。

そんな企業とは、少しでも相性のずれが出来ると、
やがて疎遠となり、契約解除につながっていくの
だろうとわかっているのですが、こちらからコンタクト
を取りません。

頼ってください。
そこに弊社の存在価値があります。
頼る必要のない会社は、他をあたってください。

2020-06-01  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase