給与計算は繊細さが必要

給与計算はとても気が付く人しかできない
作業だとつくづく思います。

一つの事象を修正したとします。
その修正により、影響を受ける箇所をすべて
網羅(対処)しなければ、正解ではないのです。

気づかない人は、一か所しか修正しません。
気づく人は、すべて完璧に修正できます。

この差はとても大きいです。
実績、理解度などいろいろありますが、
仮説と検証ができる「頭のつくり」なのか、
単純な頭のつくりなのかだと思います。

御社で経理や給与の担当者を雇用する場合
この「気づき」「繊細さ」「影響を察知する力」
を持った一人を採用してくださいね。

しかし、そんな人を採用することが難しい。

2020-03-13  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase