給与計算のアウトソーシングという業務は将来無くなる?

今、政府が必死にデジタル化を推進している。
大手企業はすでに内製化し、デジタル化をして
いますが、問題は中小企業。デジタル化とは
無縁で、自社で対応できないので、アウトソ
ースという外注化を行っている企業が多いです。

これが今色々な自社で対応できる簡便で廉価な
ソフトウエアが世に出てきており、弊社のよう
外部企業に依頼しなくても良くなり、自社で給
与計算や経理事務や入社退社事務を内製化する
かもしれないという不安はあります。

しかし、私の読みは違います。
どこまでソフトがレベルアップされても、それを
使いこなすそれなりに知識を持った人材が必要
となります。中小企業の最大の課題はその人材を
確保するコストが捻出できないことです。その
意味で、自社で対応することは非生産性につな
がる中小企業がとても多い。

したがって、アウトソーシングは無くならない。
企業のデジタル化(クラウド化やOCR化)は浸
透すると思います。

2020-11-06  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase