給与計算を代行するという仕事のプレッシャー

給与計算を間違うと、よそ様の会社の従業員と
家族を路頭に迷わせる可能性だってあります。
大袈裟ですが、それくらいの気持ちで対応しないと
とてもできない仕事です。だから、だれもやりた
がらない業務の一つとなっています。

その反面、そこまで思いつめて仕事をすると、
身が持ちません。メンタルがやられてしまいます。
我々は、そんな場合「数字の処理」「理論合わせ」
と割り切って対応します。

給与計算は間違ってはいけないことは明白です。
幸にして、給与計算は正解が「一つ」しかありません。
ということは、論理的な数字の対応をきちんと行えば
必ず「正解にたどり着く」ってことです。

だから、感情的な過ちを防ぐために、弊社では目を変えて
3人の人がチェックします。ロジック的に淡々と。

プレッシャーはあるけど、
その分、給与計算を行っているときは、3人で「答え合
わせ」をしているゲームのようなものと理解しています。
※不適切な表現はご容赦ください。

2020-09-14  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase