給与計算で大事なことは企業側に担当者がいるかどうか

給与計算でトラブルのもとは、クライアントに
「窓口となってくれる担当者」がいるかどうか
で大きく違ってきます。

担当者がいない場合、とても情報のやり取りが
煩雑かつ情報の漏れ等が発生するため、
給与計算が正しくなされません。
そして、都度補正や修正、遡及を行なう為に
間違いやミスを誘発します。

簡単なことなんですが、
この「窓口となってくれる担当者」を置いて
くれている会社はベターです。
しかし、中小企業の場合、経営者がこの窓口を
兼ねたりするケースが多く、経営者の多忙の状況
により、レスポンスがとても悪く、四苦八苦
する場合が多いです。

最近、弊社はご契約の条件として、
「窓口となってくれる担当者」を立ててくれる
企業としか契約を行わないようにしています。
給与計算の内容を知らなくて良いのです。
情報を取りまとめを行ってくれる窓口担当者を
設置していただくだけで良いのです。

2020-08-06  東京中央給与計算センター

気軽に見積り依頼・お問い合わせ下さい。
http://www.tokyo-chuo-sr.jp/toiawase/form_toiawase